なぜ学ぶのか?

3つの理由

①自分は何のために生まれ、

何のために生き、

何のために働き、 何をするために

生まれてきたのか?

すなわち自分は何者なのか?

自分の天命、使命、才能、

天職は何なのか?

今まで、親も学校も誰も

教えてくれなかった

「本当の自分」とは何なのか?

 

四柱推命とは、

これらを「命の暗号」を

生年月日の干支から

一瞬で正確に読み解く、

暗号解析技術ですから

この四柱推命をマスターすれば、

これらの答えを、

自分で見つけることができます。

このために、

「人間学四柱推命」を学びます。

 

②仕事、人間関係、人生で起こってくる

様々な試練、苦労、困難、ストレスを

好転させ、

天命・使命に目覚め、

人のため、世の中のために役に立つ

「輝く人」となって、才能を発揮し、

毎日ワクワク楽しく天職で仕事して

経済的にも豊かになるために学びます。

 

③今日本は、千年に一度の大変革期、

情報革命の時代を迎えています。

科学技術が高度に発達し、

物や情報に溢れ、

快適で何不自由しない生活が、

できるようになりましたが、

それに反比例するように、

未婚、晩婚、結婚、仕事・

人間関係・将来の不安や 恐れ、

少子化、自殺、うつ病、登校拒否、等

「不幸な現実」が迫っています。

 

これは、明らかに「心の豊かさ」の欠如

「人間力の低下」「精神文化の低下」が

もたらすものに、他なりません。

 

「人間学が盛んにならなければ、

本当の文化は起こらない。

民族も国家も栄えない。」

安岡正篤氏の言葉です。

 

幕末の大きな変革期に活躍した

リーダーを輩出した

吉田松陰が開いた松下村塾で、

松陰が教えたのも、

「人間学」でした。

 

現代日本と、幕末日本は

よく似ているといわれます。

このような、激動期に最も

必要とされるのは、

「人間力」を備えた真のリーダーです。

 

国や、会社、社会に依存して、

生きていく時代ではなく、

自分の才能を最大限発揮し、

 

●自分で安心を得る。

●自分で豊かさを作る。

●自分で日常を充実させる。

「自主」「自立」の時代です。

 

そうして、人のため、

世の中のため貢献して

「輝く人」になり、

日本の未来を、明るくしていく

リーダーとなるため、 学びます。


体験学習イメージ